ブログ

隠れ冷え性

こんにちは。中野アイルはりきゅう院の三浦です(*^-^*)

梅雨が明けても不安定なお天気が続いていますね。こんな時は体調も崩しやすくなりますので、皆さまお気を付けください。

さて、今日は「隠れ冷え性」についてのお話しです。

「手足が冷たくないから、私は冷え性ではない」と思っているとしたら、それは勘違いかもしれません。

お腹に手を当ててみましょう。ほかの皮膚よりも冷たく感じたら、それは「隠れ冷え性」かも。お腹、つまり内臓が冷えているかもしれないのです。

まずは自分の「冷え」を自覚することが大事です。自覚がないと冷え対策がおろそかになり内臓の機能低下を招き、胃腸炎や膀胱炎、生理トラブルなどの婦人科系疾患のもとになります。

また、「冷え性」とは無関係に思える「ほてり」をよく感じるという方も実は「隠れ冷え性」の可能性があります。もし、ほてりが続いていたら、それは血行不良になっている足先を温めようと、体が頑張って血液を巡らせようとしているのかもしれません。

「のぼせ」や足が冷えて頭部がのぼせる「冷えのぼせ」も、実は冷えの症状なのです。

・直接お腹を触ると、冷たく感じる

・よく顔がほってたり、のぼせたりする

・胃腸が弱い

・冷たい飲み物をよく飲む

・平熱が35度台

・風呂は湯船につからず、シャワーのみ

・肩こりがある

ひとつでも心当たりがある方は「隠れ冷え性」の可能性が。

お腹を温めたり、足浴やマッサージをしたりして、血流改善を心掛けましょう。

自分の「冷え」を認識することが、体質改善への第一歩になりますよ!!
冷え1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

FB

お客様の声

よくある質問

ネット予約

POSITIVEOFF
ページ上部へ戻る